生活費は年齢によっても変わってくる

生活費は年齢によっても変わってくる

生活費の割合は、年齢によっても変わってきます。
例えば若い夫婦だけの家庭でまだ子どもがいないなら、2人の時間を有意義に過ごす費用を多く出している可能性もあるでしょう。2人だけならそれ程食費もかからず、レジャーの費用を多く出してもそれ程負担はありません。また、将来マイホームを買うためなど貯蓄ができる時期でもあります。生活費が少ない分ほかの部分に費用を捻出できるため、貯蓄をして将来に備えたり自由な時間を楽しむ費用に当てても良いと思います。
次に子どもがいる家庭ですが、ほかの世帯と比べても生活費の割合は高くなりやすいです。教育費や食費の面でお金がかかったり、子どもが多ければ被服費も必要になってきます。子どもができると必然的に生活費の割合が高くなりやすいため、それ以外で貯蓄を心掛けるようにしてみて下さい。
逆に子どもが巣立った後は、食費などもかからないため生活費の割合は減ってきます。余った費用で趣味に使ってみたり、将来のために貯蓄する方法も良いと思います。
このように生活費は年齢によっても変化しており、貯めれるときに貯蓄をしておく事をおススメします。そうする事によって余裕が少ない時期でもある程度の生活費がまかなえるようになってきます。