年収における生活費の割合

年収における生活費の割合

年収における生活費の割合は、総務省が毎年調査を行っておりデータを公表しています。生活費は家庭によっても多少異なりますが、一つの目安として考えてみるのも良いでしょう。
ここで含まれる生活費とは住居・教育・娯楽・などの費用は除かれています。食費や光熱費、被服費、交通費、通信費など生活に必要な最低限の費用と考えておいて下さい。例えば年収が200万円以下では8万円前後、年収が300万円代となると12万円〜13万円程度となっています。このように年収が上がるにつれて生活費も上昇する傾向が見られています。これはあくまでも目安であり、年収が低くても家族が多くて生活費が多い家庭もありますし、年収が高くてもちゃんと節約していて無駄を省いている家庭もあるでしょう。家族構成によっても異なるため、年収だけでは一概に生活費は判断する事はできません。思ったより生活費の割合が多くてもほかの面で節約しており、貯蓄が出来ているなら問題は無いでしょう。逆に生活費の割合が少なくても赤字が続いているなら、ほかの何かの要素が生活を圧迫している事になります。例えば年収の割りに家賃が高いとか、娯楽費が多い、住宅ローンや車のローンが多いなどです。その場合はほかの部分で見直す必要が出てくるでしょう。